クラビットは様々な細菌の感染症を治す万能薬だといわれています。しかし全部の感染を退治できるのではありません。正しい情報を知り感染症対策するサイトにしていきたいと思います。

クラビットについて紹介する女性看護師

ニセモノのクラビットジェネリックを見分ける

クラビットはクラミジアなどの細菌感染による病気に対する薬として有名で、抗生物質の類に分類され、医師の処方箋により処方されるものです。通常医師の診察を受け処方される分量を服用することでその効果が現れるものですが、症状が重く痛みが長引いたりする場合には、自分で購入して服用する人も少なくありません。最近ではジェネリック医薬品が普及し、クラビットのジェネリックも出回っているためこれを購入することで薬代の負担を軽減しようと考える人も多いものです。インターネットではクラビットのジェネリックも販売されているため、簡単に購入できるようになっています。しかし、ジェネリック医薬品にはニセモノが多いのも事実で、特に医師の処方箋に基づき薬剤師に処方してもらう場合以外は自分で判断して購入しなければならないため、ニセモノを購入させられる危険もあるので注意が必要です。クラビットのジェネリックは、現在はインドの製薬会社で製造している物しか存在しないため、その他の製薬会社が製造している物は基本的にはニセモノと考えた方が良いでしょう。また、ジェネリックとはいってもクラビットは抗生物質であるため、それ程安い金額にはなりません。したがって、極端に価格が安いものに付いては、ニセモノと疑った方が良いものです。クラビットは基本的には副作用の可能性もある薬品のため、医師の診察を受け処方してもらうことが重要です。万が一自分で購入する場合には、ニセモノに十分注意する事と、長期にわたって服用し続けないことが大切です。また、医師から処方される場合には診察の結果により必要な量を処方されるので安心ですが、自分で購入する場合には服用の仕方にも注意が必要です。

高齢者の肺炎にはクラビット服用OK?

クラビットは、細菌が体内に侵入してしまったことによって起きるさまざまな疾患に対して効果的な医薬品であり、化学的に合成された抗菌剤とよばれるものにあたります。そのため、一般的な肺炎や、マイコプラズマ肺炎などといった、呼吸器系統の感染症の場合にも、成人であれば1日に1回、有効成分にして500ミリグラム相当のクラビットを服用することによって、治療をすることが可能となっています。このクラビットは、かなり強力な医薬品ですので、使用にあたっては副作用がおこらないように注意をしなければならないものです。クラビットそのものは、正しく服用すれば重大な副作用を避けることができますが、60歳以上の高齢者に対しては、投与は避けたほうが無難であるとされています。それというのも、高齢者が服用した場合には、アキレス腱の障害といった、このクラビットにかなり特有の副作用の症状が出やすいという傾向があるからです。けいれんや不整脈、低血糖なども、やはりありがちな副作用の一種であるといえます。医薬品の有効成分というのは、肝臓のなかで代謝されて、より無害な物質に変えられて、最終的には体外に尿などとして排泄されることになるものであり、それによって、あまりにも長時間にわたって成分が体内にとどまるのが防げることになっています。ところが、高齢者の場合には、肝臓の機能も低下しているため、医薬品の有効成分の排泄が遅れがちになってしまうことから、通常の成人よりも、副作用に気をつけなければならないわけです。高齢者の服用は、まったく不可というわけではありませんが、服用量や服用の間隔などに配慮が必要となります。同様に、妊娠中の女性や年齢の小さな子供に対しても、通常は用いられません。

小児の気道感染症にクラビット併用可能?

クラビットはニューキノロン系と呼ばれる比較的新しい系統の抗生物質で、様々な細菌に対して効果を発揮します。主に胃腸管、尿路、呼吸器系の感染症となるグラム陰性菌に強い傾向がありますが、上気道感染を起こすグラム陽性菌にも十分な効果を発揮することから多くの症状で使用されています。また、マイコプラズマ、クラミジア、チフス、パラチフスなどにも有効で、これまで治療が難しかった感染症に使用できるので、幅広い治療に役立っています。インフルエンザ菌が原因の場合、クラビットも有効ですが、より効果のある抗生物質があれば別のものを優先して使用します。これは耐性菌の問題で、クラビットは現在のところ耐性菌はなく、多くの症状に効果がありますが、頻繁に使用すれば細菌が耐性を持つことになります。医療側としては耐性菌を作るリスクはなるべく避けたいので、クラビットをメインに処方することはせず、有効な他の抗生物質があればそれらを利用するのが一般的です。また、小児に多い急性喉頭蓋炎にも使用することができるのがクラビットの強みですが、残念なことにクラビットは小児に対して使用するのは禁忌とされます。小児、つまり15歳未満の子どもではいまだに安全性が確立されておらず、余程の事情がない限りは、病院で処方されることはありません。過去に動物実験によって確認されたものでは、イヌやラットに対して投与した結果、関節軟骨の水疱やびらん形成が認められ、関節異常が起こることが危ぶまれているので、基本的に小児に対する処方は禁忌となります。治療上の有益性を考慮しても使用することは難しく、炭疽などの重篤な疾患に限り使用される可能性があるという程度です。もしも、手元にクラビットがあったとしても、成長に多大な影響を与える可能性があるので、間違っても投与しないようにしましょう。